女の子版ワンパンマン?『ドロロン!お国ちゃん』

「けど私はなってみせるわ!究極の女子力を持った―――美少女戦士に!」

低温調理で美味しい鶏肉料理(2kg)をつくったり、戦車模型を作ったりと女子力アップに余念のないALVAです、こんばんは。

今回読んでみたマンガはこちら。
『ドロロン!お国ちゃん』。

ドロロン!お国ちゃん1(ヒーローズコミックス)

友人と読み終わったマンガ本を交換したら入ってました。
そろそろ大人なんだし回し読みは卒業したいところですが・・・。

普段こういった本には進んで手は出さないので面白かったです。

あらすじは主人公のお国ちゃんはひょんなことから人間界で悪さをする妖怪退治をすることに。
お国ちゃんは妖怪を退治すれば女子力が上がると思ってるし、なんなら女子力で妖怪が倒せると思っているちょっと妄想暴走気味な感じ。
ということでなんやかんやで妖怪退治しまくるのであった。

全体的にギャグテイストなので、作者の高橋寛行先生の受賞作『キャプテンハンゾーモン』のようなバッチバチのバトルシーンはありません。(あれはあれでギャグテイストといえなくもないですが)
基本お国ちゃんはめちゃ強いので。
それでも敵キャラクターは美少女バトルモノに不必要なほど圧倒的に強そうです。

多少人を選ぶ作品でしょうが、お国ちゃんの妙なポジティブさが中毒になる!・・・かも。