Elite: Dangerous 正式サービス開始

Elite: Dangerous

どこまでも続く星々の大海原を駆け巡り、生きるのだ。

我々が憧れた宇宙は金銭的な困窮において地球とたいして変わらなかったが。


2015/10/22 これまでのElite:Dangerousの記事をまとめたページを作りました。
『Elite:Dangerous 「記事のまとめ」』
こちらから各記事へアクセスできます。
また、右のメニューのカテゴリから「Elite:Dangerous」を選んでもOKです。


 

 

と、いうわけで「Elite: Dangerous」がついに正式サービス開始になりましたね。

アルファ、ベータ、ガンマと順調に開発が進み当初の予定通り2014年末に開始したことは昨今のクラウドファウンディングを利用したスペースシミュシーンではかなり堅実な印象がありますね。
と、いうのもスペースシミュの中でも一大派閥となりつつある”space trading and combat”というジャンルはクラウドファウンディングで60億円以上の制作費を獲得した「Star Citizen」のおかげでかなり群雄割拠な感じでして、同じように高額の開発費を獲得しようと後続の開発者が制作費集めしているわけです。
中にはとてもじゃないが開発できないような大風呂敷を広げているものもあるんですが、「Elite: Dangerous」はかなりしっかりとゲームを作り上げました。
ぶっちゃけ「Star Citizen」なんていつプレイ出来るかわかんないぐらい開発費とともに構想も膨らんじゃってますからね。
そういう点ではとりあえず完成させてプレイできる環境をユーザーに提供できているだけでも評価できるんじゃないでしょうか。

space trading and combat…って何?

上でぐちゃぐちゃ言いましたが読んでくださった人がいるとすれば、一番の疑問はそう「space trading and combat」って何?ってことですね。
この手の宇宙を舞台にしたゲームは大カテゴリとしては「スペースシミュレータ」でいいと思うのですが、このゲームのジャンルとしては「space trading and combat」になります。
乱暴に訳すと「取引と戦闘の宇宙」…というといよいよ訳がわからないのですがこのジャンルの正式な日本語訳というものはないようです。
原文に忠実になれば「宇宙での戦闘及び経済ゲーム」、カタカナ語なら「戦闘&トレードスペースシミュレータ」、ちょっとずらして「経済宇宙での戦闘と取引シミュ」、「戦闘的及び経済的宇宙シミュレータ」…。
うーん、どれもピンときませんね。
文章で書いちゃえば「経済圏のある宇宙空間で商取引や戦闘行動を行うことが出来るシミュレータ」って感じですかね。

Elite: Dangerousは面白いのか?

「かなり面白い」と言えると思います。
どこまでも広がる実在の宇宙を舞台に超空間ドライブなどを駆使して自由に生きる事ができます。
実在の宇宙と書きましたがこのゲームの舞台は「天の川銀河」であり、私達の住む太陽系を含めた巨大な実在の銀河が舞台となっています。
もちろん実在する恒星や惑星が存在し、実際にその星系に訪れることも出来ます。
宇宙空間ではプレイヤーの好きに暮らすことが出来ます。

チマチマ小銭を稼いで、いつかビッグな星間大商人になるぞ!  →なれます

宇宙市民の敵になって、手当たりしだいに虐殺する宇宙魔王になってやる!  →なれます

ボクは受け身だから、黙々と仕事をこなすような定職に就きたいな  →なれます

俺は現実でも流通関係職だし宇宙でも運送業がいいな  →なれます

宇宙船大好き!宇宙船コンプ!宇宙船改造したい!  →できます

せっかく自由なら…宇宙海賊で一儲けとか?  →なれます

宇宙を旅する旅人になりたい!  →なれます

どんなプレイヤーの思いも受け止められるぐらい自由なのが「Elite:Dangerous」です。
ちなみに私は「金はないけど夢はある!宇宙生まれの地球人4世、まだ見ぬ故郷 地球に錦を飾るために宇宙へ!」というキャラクターのつもりでロールプレイしています。
どっかの宇宙の片隅のジャンクヤードで暮らす家族のためにもお金を稼ぐ!星間船の下働きで稼いだお金でようやく買ったボロ宇宙船「ガイア」で今日も星から星へ!

洗練されたSFチックなUIにしびれる

WS000004_R

これは宇宙ステーションに駐留中の宇宙船からのSSです。
様々なインジケータは一つ一つがちゃんと動作し、重要なものばかりです。
このようなSFチックな画面だけでもう鼻血モノですよね!

総評:今年最後の当たりゲームと言えなくもない

今後、しっかりレビューや解説をしていきたいと考えていますが、まずはこのゲームが皆さんにおすすめできるかどうか。
その点に関しては間違いなく面白いと思います。
ただ、最初の宇宙船があまりにもアレな感じなので初期の金策でみんなおつかいミッションというのもちょっと厳しいですが、それを乗り越え資金をためて手に入れた宇宙船は本当にカワイイです。
スペースシミュ好きの方にオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました