[Oculus Quest2] Quest 2 Eliteストラップを買ったよ!

ふっふっふ、私はエリート……!

VRで異世界転生して小麦粉捏ねてパンを作って世界中から尊敬を集めたいALVAです、こんばんは!
パンっておいしい。

さて先日書いたこの記事。

Oculus Quest2が届いたよ!最高のスタンドアロンHMD!
Oculus Quest2が届いたよ!最高のスタンドアロンHMD!
なにがすごいかわかんないけどなんか進化したっぽい感じ

にあるとおりFacebookさんの新型スタンドアロンヘッドマウントディスプレイである「Oculus Quest2」を購入しました!
白くて素敵ないいやつです。

しかし最高のHMDにもひとつの弱点が……!

なんかヘッドバンド微妙じゃない?

(この画像ではフェイスカバーを付けています)

新型になって退化した部分といえばやはりヘッドバンドではないでしょうか。
別に悪いことではなくスタートコストを徹底的に下げて購買層を増やそうという姿勢には大賛成なのですが、やはり初代Questと比べてしまうと厳しい印象です。

やわらかしっとりゴムバンドなのですが、フロントの重みを分散せるのが難しい感触。
だめということはまったくないのですが、もしもっといいものがあるならほしい。

そんなあなたに――――!

//////////////////////////////

Quest 2 Eliteストラップ!

//////////////////////////////

Quest 2 Eliteストラップ

Quest 2 Eliteストラップ

7,460円(01/28 13:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

Quest 2 Eliteストラップを買ってみた

先日お話したカバーと違い、これはFacebook公式のストラップ!
ちなみにバッテリー付きのものもありますが、今回は無しのものをチョイス。
バッテリー切れまで遊ぶ前にVR酔いしちゃうんで。

箱もちゃんとOculus Quest2と同じ感じで白くてかわいいです。

(Oculus Quest2の箱。こっちもいいけどストラップの箱のほうはピンクのグラデ)

超シンプル。
思ったより軽い素材です。

頭の後ろにはクッションが付いていますが、上のバンドは普通の素材。
両サイド先端のくぼみがHMD本体のサイド部分に接続できる。
個人的にはケーブル差し込んで使う場合もあると思うのでケーブルガイド付いていたら100点でしたね。

後ろの丸い部分はダイヤルになっています。
時計回りに回すと短くなり、逆時計回りで長くなります。

後ろのクッションは少しだけ柔らかい硬質ゴムって感じ。
何に近いでしょうか……靴底……よりは硬いかなあ……。
強いて言うならゴム系のスマホケースのスマホ付けてるときぐらいの硬さ!
……わかんないですよね。

このくぼみの部分を本体に取り付けます。
雑かなあと思ったのですがかなりしっかり取り付けられます。
なんなら外すのが難しいぐらい。
あ、取り付けの際にはフェイスパーツを取り外してくださいね。
上側のバンドの取り外し・取り付けをするためには外さないとだめです。

この部分がベースになります。
この靴べらみたいなところにストラップの受け側をくっつけます。

外す場合はストラップ手前側からめくるように外します。
割れるような素材ではなく柔軟性があるので、缶詰みたいにペリペリ―ってとれます。
ただコツがわかるまではかなり力が必要なので、誰か力の有りそうな人にお願いするのも○。

これが上側のヘッドバンドの固定部分。
ココで折り返してマジックバンドでくっつける感じです。
先程も言いましたがフェイスパーツを取り外さないとだめです。

じゃじゃん!なんかすごい長い状態で撮影してしまいましたが、とりあえずどこまで伸びるか遊んでみた感じです。
ヘッドバンドみょーんってなってる!

フェイスパーツ中心部から測る感じでメジャーおいてみました。
かなりアバウトですが、少しはサイズ感がわかるかもしれません?
最大まで伸ばした状態で後部後端まで22センチ、クッション部まで18~19センチ。

最小まで縮めた状態で後部後端まで15センチ、クッション部まで12センチ。
だいたい調整幅は6~7センチってとこでしょうか。

というわけで取り付け完了です。
なんかしろくじらみたいでかわいいですよね。

参考資料 ~てきとーに測った重さ~

公称では179gなので計り方の問題かと思います。
正しいのは179gだと思います。キッチンスケールですからこれ。

ちなみに付属ストラップの重さは約50g。
こちらも計りづらかったのですがEliteに比べて約1/3程度軽いので、重量が問題であれば付属のほうが優秀です。
ただ重心って考えると後頭部側にもそれなりの重さがあったほうが楽な気もします。

つけ心地は……最高すぎる!!!

さてここからはかなり主観的な意見になってしまいますがつけ心地について書いてみようと思います。

そもそも付属ストラップの個人的に感じた問題点はこんな感じ

・微調整が難しい
・ベルトが耳の上に乗ると痛いし、耳から離すとなんかズレやすくなる
・側頭部も締め付けるのでなんかつらい
・後ろの左右調節で短くするとセンターのストラップが左右に動いてしまう謎システム
・初代は「後頭部」と「おでこ&目の周り」で挟んで固定する感じだが、ストラップは後頭部側の固定感がない
・髪が長いと髪の毛と一緒にベルトが動く感じがする
・フロント側に重量が集中するせいで実重量よりも重く感じる(後頭部側にウェイト欲しい)
・上と同じだけど重心がかなり前方側に偏っているせいで目の周りが痛い
・三点で調整するため、なかなかちょうどいい感じにならない
・結局はゴムで頭を締め上げている。スイカにゴムいっぱい巻くと破裂するよ。

これらの問題点が一気に解決するのがEliteストラップ!って感じです。

・微調整がかんたん(後方のダイヤル回すだけで均等に調整できる)
・側頭部は締め付けないし、耳には当たらない
・センターストラップは固定!
・ちゃんと頭を挟み込む感じ。フィット感あるから楽。
・髪の毛はそれほど気にならない
・後部に調整用ギミックがあるためか重量はそれなり(約170g)
・重心が頭のあたりに少しズレるのでその点ではいい感じ
・調整は後部ダイヤル+頭頂部のバンドのみ
・締めつけ感はだいぶ緩和される

この辺は結構人次第だとは思うんですけど。
付属バンドのほうがいいって人もいるかも知れません。
頭の大きい人には付属バンドのほうがホールド感はありそう。
頭が小さめの人はエリートのほうが楽じゃないかなって感じはしました。
HMD自体の重さを目の下の骨でキープできる人はベルトでいいかもしれません。私はちょっと無理でした。

Quest 2 Eliteストラップ

Quest 2 Eliteストラップ

7,460円(01/28 13:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

ちょっとベルトが辛い人は買ってみてもいいと思います。
お値段はしますが、私はかなり楽になりました。